心の窓

目を閉じて


目には見えないところで
心が触れ合うと


肌では感じない熱に
包まれるの


もう聞こえないはずの
言葉の針で


掴むことのできない心臓が
つきりと痛むの